environment

vim changelog設定  [environment]  [vim]  [changelog]

vimでは、\+oで追加できる。

  let g:changelog_username = "hassy"

としてユーザ名を指定する。(.vimrc)

strawberry-perl  [todo]  [perl]  [environment]

Vista対応されたらVaio に入れる。

perlのModule-Installでのincディレクトリ  [perl]  [CPAN]  [environment]

Module::Installで作ったモジュールには通常incディレクトリとMANIFEST等が

入るが、svnで管理する場合にははずすことが多い。

Module::Installが利用できる環境でperl Makefile.PLすればよい。

その後、

make manifest

make dist

等する。

vim changeLogの設定2  [environment]  [vim]  [changelog]

書くの忘れてた。

autocmd BufRead *.chg setf changelog

これを付け加えておくと、拡張子.chgのものは全てvimでchangelogとして扱われる。

Subversionのproxy設定場所 serversファイル (XP/2000/Vista)  [environment]  [windows]  [subversion]

%APPDATA%\Subversion\serversにある。

XP/2000だと、

c:\Document and Settings\ユーザ名\Application Data\Subversion\servers

Vistaだと、

c:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Subversion\servers

このファイルで

[global]
http-proxy-host=xxxxx.xxx.xxx
http-proxy-port=8080

とか設定する

vim (ver.7以降)でやるtab設定  [vim]  [environment]

以下を".vimrc"に追記

map ,t <ESC>:tabnew<CR>
map ,h <ESC>:tabp<CR>
map ,l <ESC>:tabn<CR>

これで、タブ移動、タブ作成が楽になる

vimでchangelogの折り畳み(folding)  [vim]  [environment]

changelogを書いているときに簡単に折り畳んでタイトルだけ並べられるように.vimrcいじった

vimrc changelog関連部分

autocmd BufRead *.chg setf changelog
autocmd FileType changelog set foldexpr=ChgLogFoldLevel(v:lnum) foldmethod=expr foldlevel=0
let g:changelog_username ="hassy"
function! ChgLogFoldLevel(lnum)
  let l1 = getline(a:lnum)  
  if l1 =~"^\\t\\*[^*]"
    return '>1'
  elseif l1 =~"^\\t"
    return 1
  else
    return 0
  endif
endfunction

これでだいぶ読みやすくなった